カーリースを利用するならココをおさえておこう!

カーリースのメリットとは

カーリースのメリットと言えば、少額の費用で車を持つことが出来るといった点が挙げられます。車を購入する時のように、頭金やまとまった金額は必要ありません。月々、定額の支払いだけで新車に乗れますので、とても手軽ですよね。また、車検や税金といった維持費が毎月のリース代に含まれているので、突然の大きな出費がなくなります。車の維持や管理に必要なお金を別途用意する必要がないのは嬉しいポイントではないでしょうか。初期費用を必要とせず新車に乗れる上に、支払いは毎月のリース代だけといったシンプルさが、カーリースのメリットです。まとまった資金がない人や月々の支払いを抑えたい人、常に新車に乗っていたい人には、カーリースがおすすめですよ。

カーリースのデメリットとは

カーリースのデメリットと言えば、走行距離の制限です。契約時には、予め走行距離の上限が設定され、距離によってリース代が変わります。走行距離を短くすればリース代は安くなりますが、上限を超えてしまった場合には契約満了時に追加費用の支払いを要求されるので注意が必要です。反対に、余裕を持って上限設定をするとリース代が高くなってしまいますし、上限近くまで乗らなければ損をしてしまいます。走行距離が多い人には大きなデメリットと言えるでしょう。また、契約期間中の契約変更や中途解約は基本的に認められていないので、車に傷や凹みをつけたり、事故にあって車の価値を下げたりといった場合にも、車は交換してもらえません。高額の違約金を払い契約を満了させる必要があるので注意しておきましょう。

新車を次々乗り換える方もいるため、中古車でも非常に状態の良いものがあり、安価に車を購入できるメリットがあります。