走行距離と年式は中古車の状態を測る一番わかりやすい指標

基本的に少ないほうが状態は良い

中古車の状態を測る上で一般人でもわかりやすい指標に走行距離があります。走った距離が長ければ長いほど車は消耗をしていくものですから、基本的には走行距離がのられているものよりは、あまり乗られていないもののほうが状態が良いと判断をすることができます。1年に対して1万キロぐらいが目安でそれよりも多ければ過走行で短ければ低走行ということになります。

ただし、機械というのはある程度動かしていたほうが調子が維持できる部分もありますから、年式に対してあまりにも乗られていない車は過走行よりも状態が悪くなっていることもあるので注意をしましょう。最後に走行距離は同程度の車を比較する時に参考になるものですから、距離が短くてもメンテナンスがしっかりされていないものは走行距離以上に状態が悪いこともあるので、走行距離だけで判断をするのは避ける必要があります。

経年劣化は避けられないので年式は重要

車は走行をすることで劣化をする以外に時間の経過とともに劣化をしていく経年劣化があります。これは車を使っていようがいまいが時間の経過で劣化をしていくものですから、年式の古い車を検討している時には注意しなければなりません。特にゴムでできた部品は10年程度で駄目になってくるので、これぐらいの年式だと交換する部品も増えてきます。部品自体の価格は安くても工賃が高いこともよくあることですから、年式の古い車は消耗品の交換費用がかさむ可能性があることを覚えておきましょう。予算の問題を抜きにすれば年式は走行距離と違って、新しければ新しいほど良いのでできる限り最近の中古車を選ぶのがポイントとなります。

ボルボの車は故障が多いといわれています。しかし、ボルボの車には多くの場合、「ヒューマンセイフティ」の機能が付いています。ボルボの中古車にも、もちろんついていて安全性はしっかりとしています。